1400℃の火炎の元で硝子が溶けて白熱のマグマになる。
オレは硝子を細工したいのではない。光りの鋳物を創りだしていくのだ。鉄の鋳造で覚えた方法を併用しながら、一トンの青い光り<KUMA’S BLUE>を目指すのだ。今はその遠い道程の入り口だ。
GLASS GRABBED IRON
1996
300L:280W:200H
FAR EAST OF FOREST
1997
270φ:410H
HAKOBUNE
1997
400L:500W:400H
MONGOLIAN LENS
1997
200L:360W:340H

TANE
1997
410L:280W:450H
RISE LIGHT
1998
385L:320W:640H